Pink Poem

HMのつくった詩を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

アイロン掛けするみたいに
心のシワも
のばせればいいのにね
あなたがアイロンになってくれる?

伝えたい言葉は多くはないんだ
こんなどうしようもない私に
付き合ってくれて
どうもありがとう
スポンサーサイト

「タイトルリレー詩」より『冷たい夜』

音楽がぷつりと途切れた
その瞬間私の脳天から漏れ続けていた
「今日」は終わりを告げた

耳を澄ませばかすかに
雨音が聴こえる
ぬいぐるみのウサギが
甘えて擦り寄ってくる

昨日でも今日でも
ましてや明日でもない時間
涙色した瞳で
やっと捉えられる「今」
眠るのさえ無意味な
こんなに冷たい夜

揺れて揺れて

どうしてかな
あなたの一言に
私の心は揺れて
落ち込んだり
浮き上がったり
とにかくちっともじっとしていないんだ
やっかいなことに

樹木は風に揺れている
しなる枝の下で
年月を経た太い幹が支えている
あんなふうに
自分の中に幹を育ててこれたかな?
揺るがないもの持つことができてるだろうか

海は時化たり凪いだり
いつも違う顔を見せるけど
その底には豊かに生命を育んでいる
そんなふうに
大きな懐を私は持ててる?
広い心には余裕ってやつも必要だろう

どうしてかな
誰かの一言に
小さく揺れて
大きく揺れて
私はどこに向かってる?
ちゃんとあの上の光の差す方に向かっているかな?

もうこれ以上揺れたくないって思っても
また悲しい時には大粒の涙を流すだろう
時にはあなたと大声で笑いあうだろう
これからも揺れて揺れながら
しがみつく自分を守ってく

 | HOME | 

プロフィール

谷川俊太郎さんが大好きで、影響を受けて詩を書き始めました。谷川さんの影響が見られるものもあるかもしれませんが、ご容赦下さい。
まだまだ試行錯誤しながら詩を書いています。
感想のコメント頂けると大変嬉しいです。
子猫のミロと居候のクマも可愛がってあげてね。

HM

Author:HM
20代、女、北海道在住
乙女座、O型

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。