Pink Poem

HMのつくった詩を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行かないで

行かないで欲しいの
かすれた声は届かず
伸ばした手は影をかすめるだけ

行かないで欲しいの
季節は巡って春が来ても
ここはとても寒いまま
置いて行かないで

痺れた足がもつれて
どこまでいっても追いつけない
そんなふうに嘲笑うのはやめて

何度でも傷を負いながら
何度でも手を伸ばす
後ろに迫る闇に抗い
追いかける
追いすがる
けれど追いつくことはできない

  行かないで…

             行かないで…

     行かないで!
スポンサーサイト

大地に立つ

気がつけばいつのまにか
この大地に立っていた
人々に囲まれていた
転びそうになったり
本当に転んで傷ついたり
それでもまた
この大地に立っていた
私の周りで散ってゆく命もあって
痛みを知り
輝きを知った
60兆の細胞が私を生かしている
奇跡的に
私はまだ
この大地に立っている

 | HOME | 

プロフィール

谷川俊太郎さんが大好きで、影響を受けて詩を書き始めました。谷川さんの影響が見られるものもあるかもしれませんが、ご容赦下さい。
まだまだ試行錯誤しながら詩を書いています。
感想のコメント頂けると大変嬉しいです。
子猫のミロと居候のクマも可愛がってあげてね。

HM

Author:HM
20代、女、北海道在住
乙女座、O型

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。