Pink Poem

HMのつくった詩を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光へ

身体の内側に潜んでいる
この苦しみはなんだろう
果てしない悲しみと
計り知れない喜びと
棲み分けもせずに
むずかる赤児のように
ただ蠢いて

宇宙の闇の中
私たちは産まれた
光に向かうため人生はあった
知っていたのに忘れていたことを
ひとつずつ思い出すため
あらゆる過去の暗がりを
少しずつ払いさってゆくため
きらめく死に向かうため
スポンサーサイト

誰より

誰より素直に
なりたくて
なれなくて
くしゃみだけは一人前に
階の上を歩くよ
バランス取りながら

誰より強く
なりたくて
なれなくて
依存心は昔のまま
夢見ることは
忘れていくのに

誰より優しく
なりたくて
なれなくて
まだ分からなくて
今日も探している
足元の暖かな灯を

 | HOME | 

プロフィール

谷川俊太郎さんが大好きで、影響を受けて詩を書き始めました。谷川さんの影響が見られるものもあるかもしれませんが、ご容赦下さい。
まだまだ試行錯誤しながら詩を書いています。
感想のコメント頂けると大変嬉しいです。
子猫のミロと居候のクマも可愛がってあげてね。

HM

Author:HM
20代、女、北海道在住
乙女座、O型

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。