Pink Poem

HMのつくった詩を載せています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許し

肌の表面からやってくる言葉は
たどたどしい弱音ばかりで
犬の唸り声の方がまだ詩的だ

みすぼらしい雨の降る窓の外に
吐き捨てた感傷が長く尾をひいている
朝焼けの日々は窮屈に過ぎる!

かすかな愛すら受け止められずに
もう許せない
もう許されない
誰も誰からも

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

谷川俊太郎さんが大好きで、影響を受けて詩を書き始めました。谷川さんの影響が見られるものもあるかもしれませんが、ご容赦下さい。
まだまだ試行錯誤しながら詩を書いています。
感想のコメント頂けると大変嬉しいです。
子猫のミロと居候のクマも可愛がってあげてね。

HM

Author:HM
20代、女、北海道在住
乙女座、O型

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。